人間と吸血鬼で揺れ動く由愛可奈

2012年09月19日 12時00分

 人気AV女優・由愛可奈(19)が映画「百日のセツナ 禁断の恋」で、映画初主演を飾った。

 

 悪魔が創造した女吸血鬼(セツナ)を描くエッチで切ないバンパイア・ファンタジー。100日間のセックス禁止を守らなければ死を迎えることになるセツナが、宿命や恋に悩む姿を映し出す。

 

 由愛可奈は「お話をいただいて台本を読んで、最後のシーンで『あ、これオモシロそう』と思ったんですよ。でも、まさか私が主演だなんて…」とビックリした様子。

 

 人間と吸血鬼で揺れ動く難しい役柄だが、「最初は『なんでセツナがセックスしてはダメなのかな?』とか考えて。監督にいろいろ聞いていくうちに、自分の中で〝セツナ〟とはこういうものというのができました」と貪欲に吸収していった。“AV女”と“女優”との違いには「今の職業がV(AV)なんですけど、やっぱり全然違いましたね。演技はもちろんセリフもあって。自分じゃなくて、セツナにならないといけない。セツナってどういう子だろうって考えたり。でも、今回もAVもどっちも好きですよ」と笑顔を話した。

 

 今後“女優”としての野望はあるのか?「学生の役をやってみたいんです。今だったら理想の学生生活が演じれるんじゃないかなって。勉強が好きじゃなくて、いい学生生活じゃなかったんです(笑い)。金八先生みたいなのがいい。いろんなアクシデントはあるけど、みんなで乗り越えていったり。脱ぐ役もお話をいただければ、やるつもりですよ!」

 

 

 

<ゆめ・かな>1993年2月12日生まれ、静岡県出身。グラビアアイドルとして活躍後、昨年7月にAVデビュー。「スカパー!アダルト放送大賞2012」新人女優賞を受賞するなど一躍トップ女優に。ファースト写真集「夢叶 yumekana」(双葉社)が今月21日に発売される。

 

 由愛可奈の主演映画「百日のセツナ 禁断の恋」は9月29日から「池袋シネマ・ロサ」にレイトショー公開(初日舞台挨拶あり)。同作品のほか「ラブ&エロス シネマ・コレクション 2ndシーズン」と題し、人気AV女優の周防ゆきこ、小沢アリスらが出演する「ストリッパー」(公開中)、元人気AV女優で、タレントの七海なな主演「蝉の女 愛に溺れて」(9月22日公開)が同映画館で3週間連続レイトショー公開される。詳細は公式サイトまで。

 

関連タグ: