ぽちゃドル界にも「サードウェーブ」ボトル型超新星・柳瀬早紀の思わず目を疑うIカップ

2015年02月09日 11時06分

ぽちゃドル「サードウェーブ」として注目を浴びる柳瀬早紀(DVD「ミルキーグラマー」から)

 アメリカ西海岸で生まれたコーヒ文化「サードウェーブコーヒー」の代表格「ブルーボトルコーヒー」の日本1号店が6日にオープンし話題だが、日本のグラビア界にもサードウェーブ…いや“サードデーブ”が到来している。

 

 篠崎愛(22)、水樹たま(29)に続くぽちゃドル「第三の波」として注目されているのがボトル型ボディーの超新星・柳瀬早紀(26)。ファーストDVD「ミルキー・グラマー」が並み居る人気グラドルを押しのけがAmazonのランキングで連日1位を獲得するなど人気が爆発している。

 

 人気の秘密はそのバスト。見るからに柔らかいT152センチ、B100・W65・H89のむっちりボディーを輝かせるのがIカップバストで、巨乳を見慣れたグラビア関係者も「思わず目を疑った」と語る。迫力の水着姿はもとより、育ちの良さから生まれる柔らかな雰囲気も魅力だ。

 

 アメリカでは“ぽちゃカワ歌姫”メーガン・トレイナーが人気を呼び、日本でもファッションはもとより、ぽちゃ系女子によるアイドルグループが生まれた。2次元の世界でもアニメ「ガンダムビルドファイターズトライ」のギャン子ことサザキ・カオルコも人気。柳瀬がこの“ぽっちゃりビッグウェーブ”に乗れば、グラビアを超えた活躍も期待できそうだ。