グラドル小瀬田麻由 初写真集は「限界ギリギリまで脱いだ」

2015年02月07日 19時05分

 人気急上昇中のグラビアアイドル“こせまゆ”こと小瀬田麻由(20)が7日、都内で初写真集「抱きしめたい」(イーネットフロンティア)の発売記念イベントを行った。

 小瀬田は昨年グラビアデビューするや、出すDVDが軒並みヒット。瞬く間に2015年のブレーク候補と言われるまでになった。

 人気の理由はT165・B88(F)・W60・H87の抜群のスタイルで、「奇跡のボディー」とも呼ばれる。この日はお手製の羊の衣装で登場。谷間からは「マリリン・モンローと同じ位置にある」というチャームポイントのほくろも見えた。

 初写真集について「全部が素の表情。自然体の自分がいる。写真集とはこういうものかと思った」。お気に入りはヌードにも見えるアーティスティックなカット。「限界ギリギリまで脱ぎました」とすべてを出しきった。

「グラビアアイドルという自覚がまだない」という言葉の裏には、女優への思いがにじむ。

 目標は夏木マリ(62)のような女優。グラビアではこれ以上の露出はないと話すも、「映画だったら脱いでも」とヌードもいとわない覚悟だ。

関連タグ: