グラドル新城玲香 高校時代に思わぬことから「いじめ」に

2015年02月01日 20時19分

 グラビアアイドル・新城玲香(20=T150・B85・W55・H86)が1日、東京・秋葉原のアソビットシティで行われたDVD「無垢」(イーネットフロンティア)の発売記念イベントに登場。高校時代にいじめに遭っていたことを明かした。

 新作では祭りのシーンで初となるふんどしに挑戦。「(股の部分を指しながら)横が開いていて、大切なところがひんやりして大変でした」と振り返る。

 かなり際どいハイレグ水着も披露しており「ブログにはその水着がちょっとずれてるギリギリの写真も載せていて、もし良かったら見てください」と笑顔でアピール。出来栄えには「私の演技も含めて200点満点」と自信を見せた。

 作品ではいじめられっ子同士のラブストーリーが描かれるが、実際に新城も高校3年のころにいじめに遭っていたという。

 新城がクラスメートから告白された際、友人に相談したところ、クラス中に広まり「誘惑したんじゃないの」とあらぬ疑いをかけられ、いじめがスタート。

「クラスメートに『何で学校来ているんだよ、死んじまえ』『何で生きているんだよ』と言われたり…。先生も誰も助けてくれないし、卒業まで我慢して学校に通ってました」

 新城は「助けを求められる人がいたら、相談するだけでも気持ちが軽くなるのでしてほしい。私もそうだったけど、学校は休んでもいいけど卒業はしたほうがいい」と話した。