デング熱感染の紗綾 今年の目標は「蚊に刺されないようにする!」

2015年01月18日 14時29分

 グラビアアイドル・紗綾(21)が18日、東京・千代田区の書泉グランデで「紗綾 リミテッドシリーズ~2015~ トレーディングカード発売記念イベント」を行った。

 小学生グラドルとしてデビューした紗綾が芸能生活10周年を迎えた。トレカでは豊満なFカップバストをさらけ出したビキニ姿が6種類。お気に入りの水着の色は「黒」とのことで、「黒を着ると、ちょっと背伸びしたような、大人っぽい自分になれる。もう一人の自分が出てきますね」と色気を漂わせた。

 撮影は昨年8月に沖縄で行われた。紗綾といえば昨年夏、流行した「デング熱」に感染したことが話題になった。代々木公園でのテレビロケ中に蚊に刺されたとのことだが、実は「このロケ直前にトレカのグラビア撮影が行われていたんです」と明かす。「変な言い方かもしれないですけど、(倒れる)直前の私が見れます」と苦笑い。

 その出来事を踏まえて、2015年の目標を聞くと「今年はとにかく、蚊に刺されないようにする。海外のロケが多いんですが、私が調べたところによると、現地では現地の蚊取り線香が効くみたいです。だから、日本で(蚊取り線香を)買い占めることはせずに、現地で買いたい」と、感染した者ならではの熱弁だった。

関連タグ: