グラドル紗綾 デング熱感染で「ブログのアクセス数」100倍アップ

2014年11月16日 17時14分

 今夏、デング熱に感染して話題になったグラドル・紗綾(21)が16日、都内で、DVD「愛時~アイドキ~」の発売記念イベントを行った。

 8月21日に東京・代々木公園のロケで蚊に刺され、その後デング熱を発症。同30日に入院した。仕事のキャンセルを余儀なくされたが、9月5日に退院し、復帰を果たした。

 グラドルがデング熱にかかる珍しい事態だったが、当の本人は「一部では売名と言われましたけど!」とその疑惑を否定。

 ただ、「ブログのアクセス数がゼロ2つ分増えた」と100倍アップしたことを明かし、「グラビア部門で(アクセスランキングが普段)60位くらいなのが、入院中、2位までになった」。

 やはり注目を集めたわけだが、ほかにも「周りの人が優しくなりましたね」といろいろと効果があったようだ。

 同じ“熱”でも熱愛が気になる。彼氏については「いないんですよ」と肩を落とし、「早く出会いたいです」と訴える。前日(15日)が誕生日だったが、意中の男性とではなく友達と過ごしたという。

 38作目となる今作は、デング熱に感染する前の8月上旬に沖縄で撮影。「お風呂に何も(身に)つけずに入って」撮った意欲作に仕上がっている。