グラドル倉持由香 人気上昇の代償で留年ほぼ確定

2014年11月09日 21時19分

“尻職人”としてブレーク中のグラビアアイドルドル・倉持由香(23)が9日、都内の書店で、2015年カレンダーの発売記念イベントを行った。

 倉持は今年1月からツイッターで始めた、グラドルによるPR活動「グラドル自画撮り部」の中心的人物として注目を浴び、芸能生活10年にして今回が初のカレンダーとなる。

「自分のお尻もですけど、自分の写真がここまで大きくなるのは初」と喜びを隠し切れない様子。「コンセプトは四季折々の尻。季節ごとの尻を楽しんでもらえれば」と100センチのヒップを誇示しながら、念願のカレンダーをPRした。

 飛躍の年となった2014年について「がむしゃらにお尻を出して走り続けた一年。いろんなことが充実していた」と振り返る一方、「ブレーク間近と言われるようになったので、来年はブレークしたと言われるようにしたい」とさらなる一歩を進みたいと望んでいる。

 給与も4倍となったが「まだ大学卒の初任給くらい。スタートが低いので」(事務所関係者)。夏には一人暮らしを始めたが、まだ6畳のワンルームで、芸能界ドリームにはまだ遠い。

 在籍する大学もこの一年でほぼ留年が確定し、尻に火がついた状況でもある。

「来年は常に雑誌の表紙を飾って、コンビニで見ない日がないようにしたい」。人生をグラビア、そして自身の尻にかけるグラドルはさらなるブレークを誓った。