“奈良の壇蜜”よしのひろこ「乳首ってなかなか立たないものですね」

2014年11月07日 20時24分

インタビューを受けるよしのひろこ

 私の裸を撮ってください! グラビアアイドルよしのひろこ(32=T165、B82・W58・H88)が大胆な逆オファーをかけた。

 

 関西の深夜番組「夜美女」(サンテレビ)などに出演したよしの。もともとグラビア志向も、レースクイーンとして長年所属したチームに配慮し転身を一時断念。だがグラビアへの気持ちは枯れることなく、30歳で遅咲きのグラビアデビューを飾った。

 

 1年ぶりのリリースとなるサードDVD「紅色淑女」(KUDETA)では9月に千葉で撮影。今作で初なるニップレスなしの撮影に臨んだものの「乳首ってなかなか立たないものなんですね。ノーニップレスなところが伝わらないかも」とちょっぴり残念そう。下半身も指一本ほどしか隠さない大胆さだが「海に向かって『大好き~』というシーンが一番恥ずかしかった」と精神的な責めが苦手のようだ。

 

 年齢に加え、表情や落ち着いた色気と壇蜜を彷彿とさせるよしの。取材では自らM字開脚での撮影を望むなどアグレシッブさも本家顔負けだ。前回のイベントでは、自身の出身地である奈良県吉野のゆるキャラ「吉野ピンクル」をプレゼントとファンへの心配りも忘れない。まさに奈良の壇蜜だ。

 

「どこまで続けていいか分かりませんが、許されなくなるまでグラビアを続けたい」と語るよしの。演技の仕事にも意欲を持っており「映画やVシネマで裸になれます。声かけてください」と大胆に逆オファーする。脱ぎっぷりも色気も十分。興味がある映画関係者は info@berry-rq.co.jp まで連絡してみるのもいいかもしれない。

 

 なおDVD発売記念イベントが9日に大阪・日本橋の信長書店、16日には東京・秋葉原のラムタラメディアワールドで行われる。