「マッサン」で“ヌード”披露 話題の美女の正体とは?

2014年10月24日 19時10分

朝ドラでのセクシーシーンが話題の柳ゆり菜(DVD「PASSION」から)

 放送開始から3週間連続で平均視聴率が20%超えと高視聴率が続いているNHK朝の連続ドラマ「マッサン」。好調な同作の24日放送回に登場したセクシー美女が「誰だ?」と朝ドラファンの間で話題となっている。

 

 この日放送された23話では、風評被害により販売中止の危機となった看板商品だった「太陽ワイン」を復活すべく堤真一演じる鴨居欣次郎が起死回生のヌードポスターに打って出る様子が描かれている。

 

 このヌードモデル「みどり」を演じたのがグラビア界で新星として注目を浴びる柳ゆり菜(20)だ。和服姿の柳はドラマで胸元近くまで脱ぎ、肩など柔肌を露出。朝ドラでは珍しいセクシーシーンに「NHKここまでやるのか」「朝ドラ初?」など視聴者の間では騒ぎとなった。

 

 さわやかな色気で見る者の心を奪った柳はデビュー後すぐに雑誌「ヤングマガジン」の表紙でグラビアデビュー。癒やし系のルックスとEカップで瞬く間に注目の存在となった。女優、タレントとして活躍し、24日スタートのドラマ「黒服物語」(テレビ朝日系)にも出演。24日にはファン待望のファーストDVD「PASSION」(リバプール)が発売された。

 

 柳が演じた「みどり」は「赤玉ポートワイン」による〝日本で初めてのヌードポスター〟に起用された松島栄美子がモデルで、いわば元祖キャンペーンガール、グラドルとも言える存在だ。

 

 ポスターはドイツの世界ポスター品評会で1等賞に輝くなど国内外で人気を呼び、松島はアイドル的な人気を博した。大先輩の松島と同様に柳も朝ドラでの〝ヌード〟をきっかけにブレークするか注目だ。

 

関連タグ: