人気グラドル・高崎聖子 新作DVDで一番恥ずかしいシーンは

2014年08月10日 18時14分

 人気グラビアアイドル・高崎聖子(21)が10日、都内でDVD「バロンガール」の発売記念イベントを行った。

 5作目のDVDは「前半の高校生は海辺を走ったり元気いっぱい。後半の大学生のシーンはぐっと大人っぽく、セクシーな家庭教師になってます。これ一本でたかしょーのすべての魅力が分かりますね」とすべてを出し切った作品。

 最もセクシーな衣装は羽根で作られた変形ビキニで美乳のサイドがばっちり見える。だが高崎の“恥ずかしポイント”は別。「初めておでこを出した方が恥ずかしかった」と頭に触れた。

 9月には初の写真集「savior」を発売する。写真集発売は人気グラドルのバロメーターだ。タイトルにはグラビアの“救世主”との意味も込められており、期待度の高さをうかがわせる。

 実際、日テレジェニック落選をバネに、いまやグラドルの中でもトップクラス。最近では映画イベントなどグラビア以外での露出も増えているが、本人的にはまだまだ。「寝る時間がなくなるくらい忙しくなりたいです」と仕事に燃えていた。

YouTube Preview Image

関連タグ: