サバ読み“最高記録”はいくつ?

2012年07月30日 12時00分

 巨乳(Iカップ)グラビアアイドル・手島優が29日、TBS系で放送された情報バラエティー番組「サンデー・ジャポン」で、年齢を2歳サバ読みしていたことをカミングアウトした。手島はこれまで公表27歳だったが、実は29歳。8月27日に30歳の誕生日を迎える。

 芸能界で当たり前の「サバ読み」「年齢詐称」。過去の事例を挙げてみよう。

 グラビアアイドルの夏川純の年齢詐称疑惑を本紙が取り上げたのは2007年のことだ(本紙が中学の同級生から独占入手した卒業アルバムに夏川が本名で写っていた)。83年生まれとして活動していたが、本紙の指摘により、本当は80年生まれだったことをブログで認めた。

 夏川は直筆コメントでサバ読み理由を「今の事務所に移った時、スタッフと相談して名前も変え、生まれ変わったつもりになり、又、10代の方々に応援してもらいたい気持ちが強く、19歳ということにしてしまいました」とつづっている。

【セクシー女優:後藤麻衣】
写真集やイメージDVDでの過激な露出で世間を騒がせ続けていたセクシー女優の後藤麻衣(当時36)が、2009年4月、その性描写でついに逮捕された。この逮捕により年齢詐称(これまでは31歳と公表)が明るみになった。

 女性タレントでサバ読みの“最高記録”を保持していたのは、元「お嫁さんにしたいタレントナンバー1」三井ゆりの「4歳」。72年生まれとしていたが、97年夏、「68年生まれのはず」と同級生が週刊誌にタレ込んだため、慌てて記者会見。年齢詐称を認めた。グラドルほしのあきもデビューから「78年生まれ」としていたが、ある日突然「77年生まれ」と“改訂”した。

ニューハーフタレント・はるな愛も4歳サバを読んでいた。76年生まれと公表していたが、72年生まれであることを告白した。


【荒井注さん】
ザ・ドリフターズに加入したとき、自分がいかりや長介さんより年上だと気付いた注さん。実際は3つ上でメンバー最年長。だが「グループっていうのはリーダーが一番年上の方がうまくいくだろう」と、ウソをついたという。メンバーでアメリカへ向かう飛行機の中で記入した書類を見た加藤茶が「おい、長さんより上だよ!」と騒ぎ、詐称がばれた。

【バラエティータレント:久本雅美】
2008年、「劇団に入団した際、22歳より20歳の方が採用してもらえるかと思って」と詐称をカミングアウト。

【デーモン小暮】
デーモン小暮は魔暦紀元前(B.D.)100036年11月10日生まれで「10万と44歳」と答える。

【米ポルノ女優:トレーシー・ローズ】
1980年代、米アダルト映画界に彗星のごとく現れ、一世を風靡したアイドル的スター、トレーシー・ローズ。その人気は欧米にとどまらず、86年には来日が実現。当時、日本のトップアダルト女優だった愛染恭子と「トレーシー・テイクス・トーキョー」で共演し、濃厚なレズシーンが大きな話題を集めた。ところが87年、年齢詐称が発覚。デビュー当時の年齢がなんと、15歳だったことが判明して大問題に発展。トレーシーはそのままポルノ界から引退した。

AKBの“先輩”にも年齢詐称疑惑

関連タグ: