加藤圭 〝生アワビ〟〝きゅうりしごき〟など過激シーン満載に「TABOOの連続」

2020年12月27日 17時31分

「TABOOの連続」に挑戦した加藤圭

 グラビアアイドルの加藤圭(26=T154・B87・W60・H86)が27日、東京・秋葉原のソフマップで4枚目のDVD「TABOO」(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントに参加した。

「日本一エロかわいいエステティシャン」として知られる加藤。11月20日にリリースされた同作品はDMM動画の月間作品ランキング「アイドル部門」1位を獲得する快挙を達成した。

 撮影は7月に都内のスタジオで行った。作品について「1チャプターごとに濃いストーリーになっている。6種類ぐらい」と説明。「ネットカフェ」「居酒屋」「お葬式」など身近なシチュエーションを舞台に限界突破した加藤の姿が遺憾なく描き出されている。

 お気に入りは同作品の衝撃ショットとなる〝生アワビ〟だという。「お風呂場で股間にアワビを当てていじったり、舐めたりしました。特に舐める場面ではドキドキしてました」と明かした。

 最もセクシーとしたのは「居酒屋できゅうりをしごいたり、舐めたりするシーン。さらにテーブルの上でいろんなことした。頑張りました」とアピールした。

 過激すぎるシーンの連発に「『TABOO』というタイトルに助けられた。普段ありえないTABOOの連続」と笑顔で語った。

 1年2か月ぶりの作品をリリースした加藤は、今年について「こういう作品ができたらいいなと思っていた。ドキドキしましたけど、いい1年だった」とし、来年に向けて「皆さんに興奮してもらえる作品を作りたい。今回のような作品にバリエーションを変えてできたら」と意気込んだ。 

【関連記事】