元地方局の女子アナ・山岸逢花がエチエチな着回しコーデ「心があったまると思います」

2020年11月17日 09時00分

山岸逢花(C)光文社/週刊FLASH、写真・母鳴大地

 元地方局アナウンサーで女優の山岸逢花(27)が17日発売の「週刊FLASH」(光文社)に登場。女性ファッション誌でおなじみの〝1か月着回しコーデ〟風グラビアに挑戦した。

 女子アナから転身した山岸は今年に入り「恵比寿マスカッツ」への加入や初写真集発売など、人気は高まるばかり。そんな彼女の発案で立ち上がったのが女性誌を思わせるグラビア企画だ。山岸は「1か月着回しコーデってFLASH読者さんにはなじみがないかもしれませんが、少ない洋服でもオシャレに着回せるコーディネートを紹介する企画なんです。洋服は少ないけど、あえて着回しコーデっぽくしてみたくて。1か月のストーリーはハチャメチャだけど、ハッピーエンドなので心があったまると思います! 寒い冬にぜひ読んでいただきたいです」とコメントを寄せた。同誌では少しドジだけど、どこか憎めない女子アナ「アイカ」を熱演。本物の元女子アナのエチエチな〝勇姿〟を目に焼き付けていただきたい。

☆やまぎし・あいか=1992年11月30日生まれ。T161・B82(Cカップ)・W59・H86。東海地区のテレビ局のアナウンサーだったが、退社後の2017年にプレミアム専属女優としてアダルトデビュー。今年3月に恵比寿マスカッツへの加入を発表。趣味はファッション誌を読むこと。

【関連記事】