染谷有香3年ぶりファンイベントで撮影秘話明かす「顔から火が出るような感覚になりました」

2020年11月15日 19時30分

染谷有香「チョコ編」(C)光文社/週刊FLASH、写真・岡本武志

 タレント、グラビアモデルの染谷有香(28)が14日、3年ぶりのファンイベントをオンラインで行った。染谷は2019年8月から今年7月まで「週刊FLASH」(光文社)で〝染まる〟シリーズグラビアを月イチ連載。アザーカットをまとめたデジタル写真集の最後の6冊目をリリースしたことでオンライン特典会を実施した。

 特典会では染まるシリーズ全12回の収録写真と見どころ、各回の撮影エピソードを披露。復帰作となる「汗に染まる」は「2年ぶりの撮影に大緊張、つゆだくとなっております。黒のランジェリーの腰の食い込みは、周りの方々から好評をいただきました」と紹介。また、恥ずかしかったのは「Mに染まる」だった。「ベッドに手錠でつながれて身動きが取れない状態から、さらに背後に鏡を置かれた時『これでもか!』という誰かの声に追い込まれた気がして顔から火が出るような感覚になりました」と振り返った。

 オンラインイベントを終えた染谷は「3年ぶりのファンイベントでした。オンラインですが、ファンの方の顔が見られてよかったです。オンラインならではのトラブルもあって、普段見られない困ったファンの方の様子を見ることができて、無事話せたときに、一体感が生まれたというか、絆が深まりました(笑い)。今後はデジタルに強くなって、いろんなアプローチができるようになりたいです」とコメント。デジタル写真集について「6冊全部リリースされて、改めて見返すとバラエティー豊かな連載企画だったことに気がつきました。写真集が電子書店のランキング入りで1位をとるなど、反響をいただけて、とてもうれしかったです。おかげさまでどれも売れ行き好調で、当初は『6冊は多いかな? 1冊の方がいいかな』とか思っていましたが、弱気にならなくてよかったです!」と喜びの言葉で締めくくった。

☆そめや・ゆか=1992年1月17日生まれ、千葉県出身。T175・B92(Gカップ)・W60・H88・圧倒的なスタイルを武器に「リアル峰不二子」「霊長類最強グラドル」と呼ばれ、週刊誌や漫画誌でも活躍したグラビア界の至宝。2年ぶりにグラビア復帰し、ヘアヌードを披露した。

【関連記事】