神激・生牡蠣いもこ〝セクシーすぎる〟パンチにKO寸前

2020年11月04日 18時00分

生牡蠣いもこ(写真・栗山秀作)

 アイドルグループ「神使轟く、激情の如く。」(通称・神激)の生牡蠣いもこ(年齢非公表)が初のデジタル写真集を配信。人生初というボクシングシーンでは顔、谷間に流れる汗がセクシーすぎると話題になっている。

 生牡蠣にとって初となるFLASHデジタル写真集「あしたの、いもこ」(光文社)は「干物女が、ボクシングに目覚めて美しくなる」をテーマに撮影。ボクシングウエアと2種類のビキニ姿を披露している。

「このテーマは、ふだんの私の生活そのままですね。休みの日は髪もボサボサで、化粧は絶対しませんから。いつも、ライブに向かうときにスイッチが入るんです」という生牡蠣。撮影でもスイッチが入ったようで、真剣なまなざしから柔らかい笑顔まで、さまざまな表情を見せている。

 ボクシングのシーンはジムに通った経験のある撮影スタッフの指導を受けて撮影に臨んだ。赤いグローブをつけシャドーボクシング、サンドバッグ叩きなどライブ同様の真剣な表情としたたる汗が本気さを感じさせる。

 神激は来年9月5日に東京ドームシティでのワンマンライブを開催する。ソロとしてもグループとしても「あした」に向かって全力で走り続ける。
☆イクッがき・いもこ=3月19日生まれ、愛知県出身。2017年、「神使轟く、激情の如く。」スタート時からのメンバー。18年「サキドルエースSURVIVAL SEASON8」で優勝。キャッチフレーズが「なんでも生がいちばんいい」の下ネタキャラ。

【関連記事】