“日本一エロすぎるグラドル〟森咲智美 新作写真集で自信満々「新しいエロの見せ方を発見できた」

2020年11月01日 15時08分

森咲智美

“日本一エロすぎるグラドル〟こと森咲智美(28=T160・B89・W58・H88)が1日、秋葉原の書泉ブックタワーで3rd写真集「Utopia」(ワニブックス)の発売記念イベントに出席した。

 写真集の撮影は7月の沖縄で行った。作品について「日本一エロすぎるグラドルとしてプライドを持って撮影に臨みました。ただ布面積が小さいエロではなくて、新しいエロの見せ方を今回で発見できたので、それを見てエモいな、エロいな、綺麗だなと思って見てください」とアピール。

 内容はファンと撮影旅行に出かけた森咲がそのまま恋人のような関係になってしまう展開を描いた。撮影中の苦労話について「内容がキワキワで、やれることはやり尽くした」としつつ「出し過ぎて恥ずかしい感覚がなくなった。おっぱいポロリしていても、スタッフや私も動じなくなった。エロの感覚がバグってきましたね」と笑顔で振り返った。

 本作の限定ボックスには森咲プロデュースの下着が特典として付いてくる。夢を「水着やインスタ映えする衣装を提供する会社の社長」と語る森咲は「今回の下着は、夢の第一歩だと思って気合を入れた。女の子が着て盛れるような下着を考えました。女性の方にも手に取ってもらいたいし、男性の方はニオうなり、嗅ぐなり、食べるなりしてもらえれば」とした。

【関連記事】