「ミス東スポ2020」枢木むつ 初主演舞台と巨乳化をアピール「30歳までグラビア続けます」

2020年10月21日 10時00分

初主演舞台をアピールする枢木むつ

「ミス東スポ2020」グランプリの枢木(くるるぎ)むつ(26)が主演を務める舞台「占い師をやっつけろ!」(11月3~8日、東京・新宿「シアターブラッツ」)のPRのため、東京・江東区越中島の東京スポーツ新聞社を訪れ、水着姿を披露した。

 演劇の臨場感が大好きで舞台女優歴6年の枢木にとって初の主演作。彼氏が占いにハマり、デートから食事まで何でも決めてしまうことで悩む女子大生役を演じる。

「行動心理学専門の女性准教授と出会って、私たちカップルと准教授が、彼氏が傾倒する占い師は本物かどうか、確かめにいくポップなコメディー。初の座長なので、新型コロナ対策はもちろん、出演者や見に来ていただくお客さんにも満足してもらえる作品にします」

 自慢のボディーは胸筋トレーニングの成果もあり、T153・B80・W57・H75のスレンダー巨乳に進化。「活動の場があることに感謝し、ミス東スポとして、グラビアも30歳までは続けます」と意気込んでいる。

 舞台は「占い師――」と「上京ガール」(主演・青葉ここ)の2本立てで上演される。

【関連記事】

関連タグ: