“輸乳”美女ヴァネッサ・パン 日本で女優業に意欲

2014年01月27日 11時00分

台湾からの“輸乳”美女ヴァネッサ・パン(22=T161・B88・W60・H88)が26日、都内でコスプレ満載のDVD「パンコス100%」の発売記念イベントを行った。

 ヴァネッサは台湾、中国で人気のカリスマコスプレーヤーで昨年から日本で本格的に芸能活動をスタート。イベントでは鮮やかな色のビキニでたわわなG乳を見せつけた。

 3作目となるDVDはコスプレ中心の作りだが、その大半が初挑戦のものばかり。

 台湾にはないブルマーの着用には「日本人じゃないから似合わないかなと思っていたけど、違和感がありました」と苦笑い。念願だったウエディングドレスについては「結婚前に着ると日本では婚期が遅れるというのはありますが、信じません」と流暢な日本語で笑わせた。

 今年米国で放送される沖縄発ドラマ「妖怪キング」に妖怪・牛鬼役で出演。「最近は台湾が多くなってきて、日本に戻って仕事がしたい」といい、今年の目標には日本での演技の仕事を挙げた。