グラドル・日里麻美の〝舌技〟が超絶進化

2020年09月27日 11時53分

〝舌技〟がすごいグラドル・日里麻美

 グラビアアイドルの日里麻美(35=ミス東スポ2017)が得意の〝舌技(ぜつぎ)〟で注目を集めている。

 日里は23日深夜放送のバラエティー番組「9windows」(日本テレビ系)に出演。同番組は「世界に一人しかいないかもしれない9人」と、変わった特技を持つタレントにスポットライトを当てるもの。以前、日里は本紙に舌の上でマージャン牌を転がし、何の牌か当てる特技「舌盲牌(したもうぱい)」を披露していたが、なんとその〝舌技〟が超絶進化していた。 

 マージャン牌はもちろんのこと「お金」や「クレジットカードに刻印された数字」をなめることで判別できるようになっていたのだ。この舌技を駆使し、番組で最終まで勝ち残ったことが反響を呼んでいるという。

 日里は「SNSとかでコメントが多くてびっくりしています!」と喜びを爆発させる。

 新技で難しいのは「クレジットカードの刻印番号の『4』と『9』を判別すること」だという。
「この2つは舌の上だと、本当にわかりにくいです。ほんのわずかに丸みを感じたら『9』かな?という感じですね」と日里はその苦労を明かした。

 今後、舌技で判別してみたいものを聞くと「人ですね」とセクシー発言。「人をなめて、その人の性格を判別してみたいです。コロナが収まるまでは挑戦できないでしょうけど、収まった後には人を舐めてみたいです」と、ストイックに我が道を追究するあまり、発言がグラドルの域を超えてしまった。

 日里になめられるのはちょっと怖いかも…。