白河優菜が20代最後にして初の極限露出「前がほとんどレースで透け透け」

2020年09月26日 16時45分

白河優菜

 グラビアアイドルの白河優菜(30=T165・B95・W59・H88)が26日、秋葉原のソフマップで、7枚目のDVD「Departure」(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントに出席した。
 
 撮影は12月にグアムで行い、本作は白河にとって20代最後のイメージ作品となった。

 今作は「高校の先生として、生徒と修学旅行にいってイチャイチャします。先生と生徒の禁断の関係を描いた作品です」と説明。見どころについて「ウェディングドレス姿のシーン。前がほとんどレースで透け透け。セクシーな感じの衣装になってます」とアピールした。

 白河は今までセクシーな水着を着てこなかったと告白。今作では面積が小さい水着にも数多く挑戦し、色気を出すシーンも多かったそうで「黒のガーターっぽい水着が大人になった自分を皆さんに見せられたかなと思う」と振り返った。

 さらに「パッケージにもなっているプールサイドで横たわっているシーンは、布切れ1枚なので水に濡れると透けて、肌の露出が凄くなります」と追加アピール。今後のグラビア活動は「需要があればやりたいなと思います」と語った。