KY女子アナ・中島彩が初グラビアで挑発「山里さん、これでどうよ」

2013年12月21日 11時00分

悩ましげな表情でセクシー水着を披露する中島彩(C)松井秀樹

 悩ましげな表情でセクシー水着を披露したのは「KY(空気が読めない)女子アナ」「山里亮太(南海キャンディーズ)の天敵」などの異名を持つフリーアナウンサー・中島彩(26)だ。東海テレビを経てフリー転身後はTBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」内の「現場にアタック」キャスターなどのレギュラーを持つが、今春のTBS「オールスター感謝祭」に髪も衣装もピンク色で出演するなどの型破りな行動で知られる。「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に出演した際、ナインティナイン・矢部浩之(42)から「いい案あるよ。脱ごう」とアドバイスされたこともあり、ケータイ写真集「あぶない女子アナ」(集英社ケータイ週プレBook、20日発売)で初グラビアに挑戦した。

 芸人よりも前に出るため、特に山里からは「本当に苦手。共演NG」と“イタい女子アナ”扱いされているが、中島は「矢部さん、山里さん、これでどうよ? 売れたい気持ちはここまであるんですよ!」とPRした。

関連タグ: