東雲うみ ムチ初体験に「バチバチする音が気持ちいい」

2020年09月06日 20時46分

東雲うみ

 グラビアアイドルの東雲うみ(23)が6日、秋葉原のソフマップで2枚目のDVD「おしえて!うみ先生」(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントに出席した。

 東雲は1月にグラビアデビューを果たした期待の新人。身長は161センチ、スリーサイズB90・W59・H93というGカップ乳の持ち主で、グラビアのほか女優としても活躍している。

 撮影は3月に沖縄・宮古島で行い「とても海がきれいで癒やされました」と振り返った。

 作品では「家庭教師役として生徒と勉強を教えながらイチャイチャしたり、遊んだりしてます」。見どころは「生徒の夢の中に私が登場して、勉強していない生徒にムチを使ってお仕置きする場面。黒のハイレグみたいなボンテージ衣装を着たのですが、面積が小さく、さらに際どすぎて私びっくりしちゃいました」とアピール。

 ムチを使ったシーンについて「人生初めてで、恥ずかしかったです。バチバチする音が気持ちいいかな。またやりたい? まぁ、そうですね…どうかな」と苦笑いだった。

 さらに制服のコスプレに挑戦。「私的には一番お気に入り。制服を着ながらお風呂を洗うシーンです。制服にシャワーの水を当てられて、透けてしまうというのがかなりセクシーです」とした。

 東雲は、7月にアイドル専門ポータルサイト「東京Lily」で行われたファン投票で、2020年上半期MVPを受賞。「びっくりしました。何かしらのランキングに入っていればと思ってたので、ファンの皆さまに感謝です」と喜びを語った。次回作以降については「和装っぽい衣装に挑戦したい。さらに大人の色気をより引き出せるように頑張っていきたいです」と意欲を燃やした。