イエローキャブ社長自殺の真相

2012年06月29日 14時00分

 小池栄子(31)、佐藤江梨子(30)ら多くのグラビアアイドルを世に送り出した大手芸能プロダクション「イエローキャブ」の社長、帯刀(おびなた)孝則氏が自殺し、業界に衝撃が走った。

 28日午後3時すぎ、東京都港区南青山の事務所内で首をつっているのが発見され、警視庁は現場の状況などから自殺の可能性が極めて高いとみている。58歳だった。一時代を築いた有名事務所の社長が、なぜ自殺に追い込まれてしまったのか、真相に迫った。


(詳細は本日発行の紙面で)