カメトレ・真田真帆 初の水着グラビア「桃尻ってメッチャ言われます」

2020年03月10日 10時19分

真田真帆(C)光文社/週刊FLASH、写真・門嶋淳矢

 アイドルグループ「カメトレ」の真田真帆(21)が、10日発売の「FLASH」で、初の水着グラビアを披露。「ちょーいい感じEカップ!」と自称する美ボディーを披露した。

 真田は2016年に徳島から上京し芸能活動をスタート。翌17年から「校庭カメラアクトレス」(現・カメトレ)として活躍し、2代目リーダーに就任した。「私はグループではセクシー系で、友達から『桃尻』だってめっちゃ言われます」と笑う。私物のアルトサックスを構えたショットも掲載。「このアルトサックスとは、中学の部活のときからずっと一緒。昨年の生誕祭のときに1曲吹かせてもらったのですが、また皆さんに演奏を披露できる場があればいいなと思います」とコメントしている。

 カメトレは今年1月にファーストアルバム「ニンゲン」をリリース。31日には2度目のワンマンライブを渋谷Gladで開催予定。