おっぱい募金に5597人!募金額が500万円突破

2013年08月26日 00時42分

パラダイステレビ社長(左)が募金箱を手渡し

 もう一つの“チャリティーマラソン”が、記録を大幅に更新した。24、25日に行われたスカパー!のアダルトバラエティー専門放送局「パラダイステレビ」の“夏の風物詩”「24時間テレビ エロは地球を救う2013」。恒例の「おっぱい募金」は2日合計で、のべ5597人が来場。募金額は510万8520円と過去最高を記録した(昨年は10回記念としておっぱいガール10人。募金者=のべ4690人、募金総額=420万4836円)。今年はおっぱいガールが6人に減り、参加者&募金額が減るのではと懸念する向きもあったが、初日から2〜3時間待ちの行列ができるなど、チャリティー精神あふれる男性(&少数の女性)が東京・新宿の会場に足を運んだ。

 なお、募金終了後に実施した「巨乳vs美乳」の意識調査は巨乳派2377人 美乳派3220人で美乳派が圧勝。2日間の激務を終えた巨乳チームの阿井みづきクン(27)は「約5000人に揉まれましたが、優しい方ばかりでした」と笑顔で語った。

 番組内で行われた、女優・女子アナのチャリティーオークションも盛況で、落札額合計は、53万3638円となった。

YouTube Preview Image
 UFOを呼ぼう!という企画も実施されたが、残念ながら新宿上空には姿を見せなかったようだ。だが、25日も海外メディア(テレビ局)が取材に訪れ、海外から来たという募金者もいたそうで、「おっぱい星人」は確実に増えている…。番組担当者は「東京だけでなく、他の都市でも開催してほしいという要望は多い。海外でも実施したいという考えはあります」と語った。

 おっぱい募金で集まった510万8520円は、パラダイステレビ社長から公益財団法人 エイズ予防財団の担当者に手渡された。チャリティーオークションの売り上げ、グッズ販売による利益も全額、同財団に寄付される。