ライブ中の“ポロリ”の福永ありさ謝罪「気を引き締めてステージに立ちます」

2020年02月05日 17時29分

福永ありさ

 プロダンサーで女優、グラビアタレントの福永ありさ(28)が5日、アイドルイベントでの“ポロリ事件”を謝罪した。

 テレビ朝日系のバラエティー番組「お願い!ランキング」で話題になった福永。ライブ活動では水着姿でアイドルイベントに参加し、ファンを喜ばせている。事件が発生したのは2日に行われた「アイドルプラネットちゃんねるSPライブ Vol.2 NIGHT」だ。この日も大胆な水着で登場したのだが、ダンスのキレがよすぎてヌーブラが“ポロリ”しちゃったという。あわてて隠し、気にするそぶりも見せずに全力のパフォーマンスを続け、会場を盛り上げた。

 福永は「最近、水着でライブする噂の人として、話題に上がることが増えてきたことに非常にありがたく感じてます。グラビア色全開の私の衣装は、ダンススキルを隠したり、ごまかしたりの利かない衣装なのです」と説明。「幼いころからTRFさんに育てていただいたダンススキルを思う存分発揮するとともに恩返しをしたいと思って、いつも全力でぶつかっており、ファンのために何をすれば喜んでいただけるかを日々悩み、考え、パフォーマンスをしています」と続けた。

 今回のハプニングについて「いつも気をつけていることでしたが、今回は水着からヌーブラが全開に出てしまったこと、本当におわびいたします。今後はこのようなことがないように今一度、気を引き締めてステージに立ちます」と謝罪。それでも「私の売りは、ダンススキルです。これからも妥協せず、全力で走り続けますので、今後もたくさんの応援をよろしくお願いします!!」と前を向いた。

 福永は「エスロード2018」準グランプリ獲得など、数々のダンスコンテストで優勝。a‐nationのオープニングアクトダンサーオーディションで、TRFに認められ約1000人のプロダンサーの中から見事センターポジションを勝ち取った。“踊る隣の足長お姉さんグラドル”としてグラビアでも活躍。ライブ活動も積極的に行い、今月は約30本の出演を予定している。