神激リーダー・実久里ことの 優等生ぶりが隠し切れない家庭教師風グラビア挑戦

2020年02月04日 10時26分

実久里ことの(C)週刊FLASH、写真・栗山秀作

 7人組のミクスチャーロック・アイドルグループ「神使轟く、激情の如く。」(通称・神激)のリーダー・実久里ことの(じっくり・ことの=年齢非公表)が4日発売の「週刊FLASH」で家庭教師風グラビアに挑戦している。

 メガネとメッシュヘアが印象的な実久里は学生時代、実際に個別指導塾で小学生から高校生まで教えていたという。「高校時代は学年で2位の成績だったので、友達に教えることも多かったんです」と意外な優等生ぶりを打ち明ける。「生徒さんとのやりとりが、人との接し方の勉強になりました。今では特典会でファンの方と話すときに役立っています」という。

 実久里は2018年「週刊ヤングジャンプ」主催の「サキドル エース」で優勝し、表紙グラビアを飾っている。なお、神激は9月22日に、東京・豊洲PITでワンマンライブを開催する。