“日本一エロすぎるグラドル”森咲智美の危なすぎるDVD撮影

2020年01月20日 16時50分

これは水着!? 森咲はこの日も超セクシー衣装だった

“日本一エロすぎるグラドル”森咲智美(27)がますます存在感を放っている。

 森咲は、キュートなルックスと、身長160センチ、B89(Gカップ)・W58・H88という豊満ボディーの持ち主だが、限界ギリギリの衣装も魅力の一つだ。

 グラビア関係者は「星の数ほどいるグラドルの中で、森咲は独自の立ち位置にいます。極小水着や超ハイレグで攻めまくり、思わず“ガン見”してしまうユーザーが多いんですよ。しかも本人が楽しんでやっているので、明るいエロが受け入れられているのでしょう」と話す。

 それを裏付けるように2年連続で「グラビア・オブ・ザ・イヤー」を受賞。インスタグラムのフォロワーが200万人を突破するなど、破竹の勢いなのだ。

 自身13枚目となる新作DVD「森咲智美 花びら」も抜かりはない。Y字水着や、ほとんどヒモ状態の半裸ボンデージ姿など、生唾ごっくんショットが満載。19日、都内で行われた同作の発売記念イベントでも、あわやポロリしそうな水着(?)で登場するサービスっぷりだった。

 同作は昨年9月に伊豆で撮影。先生役の森咲が、教え子と禁断の恋に発展するというストーリーだ。初めて洞窟の中で撮影を行ったという。

「誰もいない洞窟の中で、生徒と禁断の恋をするシーンがあったんです。夕方の時間帯で満潮になりかけていたので、死ぬんじゃないかとか、いろいろな意味で危機感を覚えた」と振り返った。

 また、“泡ブラ”にも初挑戦。「泡がすぐ取れちゃうからメークさんが大変そうだった。時間との闘いだった」とヒヤヒヤなシーンになっているという。
 前出のグラビア関係者は「日本一エロすぎるグラドルは、ますますエグイ攻め方をしそうです」と太鼓判を押した。