“踊るグラドル”福永ありさ 地上波ドラマで本格アクション挑戦

2019年12月29日 13時01分

福永ありさ

“踊るグラドル”として活動するプロダンサー・福永ありさ(27)が29日深夜放送のコメディードラマ「ミャーッツアイ」(TOKYO MX2)に出演する。

「キャッツアイ」の実写版パロディーで、タレントの猫ひろし(42)が出演。三姉妹の縞猫緑里役を演じる福永は、コメディーなのに当たりの激しい本格アクションに挑戦! ダンサー、アイドル活動とは違った一面を見せる。

 福永は今年4月、テレビ朝日系「お願いランキング~私って美人ですよね~」に出演。加藤綾子アナ似であるとアピールし、水着ダンスを披露したが、メイプル超合金・カズレーザー(35)に「ブス」とジャッジされた。

 しかし、ダンサーとして「エスロード2018」で準グランプリのほか、数々のダンスコンテストで優勝。「a―nation2018」のオープニングアクトダンサーオーディションではTRFに認められ、約1000人のプロダンサーの中から見事センターポジションを勝ち取った実力派だ。

 グラビアやライブ活動も積極的に行い、水着でのライブが話題になったばかり。20日には5枚目のイメージDVD「踊るグラドル~dancing pyon pyon~」をリリース。水着でのガチダンスPVが収録されている。来年1月11日には都内で発売記念イベントを行う。