「TOKYO PRESS ROOM」4周年記者発表会にピアドル11人集結

2019年09月26日 13時00分

記者発表会に集まった11人のピアドル

 記者発表会やイベントなど多目的スペースとしてオープンした「TOKYO PRESS ROOM」(東京・文京区本郷)が4周年を迎え、このほど記者発表会が行われた。

 同所には18人のピアドル(PRアイドル)が所属。それぞれ特徴を持っていて、アニメや麻雀、食べ物、サバイバル&クレーンゲーム、書道、美容部員、シンガー、コスプレイヤー、映画…など、さまざまな趣味を生かしたPR活動を目指している。この日は若木萌、来栖うさこ、釘町みやび、月野夏海、南野きり、天音汐那、美羽フローラ、加藤圭、市島ゆかり、あおい夏海、宇沙木ゆきの11人が集結した。

「日本一エロかわいいエステティシャン」の異名を持つ加藤は、大胆な極小ビキニで登場。「普段はクリニックでエステティシャンをしながら、グラビア活動をしています。私は、美容と健康の情報収集が趣味なので、美容と健康のPRをしてみたいです。大分県市出身で焼酎とお酒が大好きなのでこちらもPRしていきたい」と語る。

 また「グラビア界のドラコン女王」と呼ばれるあおいは、キュートなゴルフウエア姿で見事なスイングを披露した。「ゴルフのベストスコアは79。グラビアの仕事もやっているので、水着でゴルフスイングをやることもできます。ぜひゴルフ関係のお仕事のオファーを待っています」と趣味のゴルフをPR。さらに「特技はサッカーの『オーバーヘッドキック』。チャームポイントは、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)とおなかの両サイドにある腹斜筋」とアスリート系を強調した。

 最後に登場したのは、ピアドル第1号の宇沙木。この日は司会を務めていたが、自分の出番になると「ひと肌脱がせていただきます」と服を脱いでビキニ姿にチェンジ。「私一人で始まったピアドルが、今ではこんなに仲間が増えました。年内に100人を目指します」と力強く語った。

 TOKYO PRESS ROOM及びピアドルの詳細はホームページ(https://www.tokyopress.jp/)で確認してほしい。