“ルパパト”奥山かずさ マイナス8度の極寒水着撮影に「正直寒かった」

2019年02月09日 05時00分

「週刊プレイボーイ8号」の表紙&巻頭カラー登場する奥山かずさ(C)岡本武志/週刊プレイボーイ

 女優の奥山かずさ(23)が9日発売「週刊プレイボーイ8号」(集英社)の表紙&巻頭カラーに登場。雪原での水着ショットに挑戦している。

 東北地方でモデル活動をしていた奥山は2016年「第1回ミス・美しい20代コンテスト」で準グランプリを受賞。2月中旬にフィナーレを迎えるスーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)でパトレン3号・明神つかさ役を好演し、多くのメディアからオファーが殺到する注目の新進女優だ。

「戦隊ヒロインの最高到達点」と紹介された今号では、故郷・青森の雪原&温泉で撮影を敢行。戦隊もので鍛え上げられたパーフェクトボディーだけではなく、思わず目を奪われてしまう抜群のルックスで奥山の魅力を最大限に表現している。ブレーク必至の“逸材”から目が離せない。

 撮影に関して奥山は「念願の“雪”&“温泉”グラビアが早くもかなってうれしいです。マイナス8度の雪原での撮影は正直、想像以上に寒かったですが、温泉シーンではホワッとヘルシーな色気が出たんじゃないかな…新しい私を見てください!」とコメントしている。

関連タグ: