「ハズキ」パロディーの笑撃AVがネットで話題 緊急入手!記者が中身を検証

2019年01月11日 17時00分

ハズキパロディー作品

 AV界が久々にやってくれた!! 昨年、渡辺謙(59)、菊川怜(40)、武井咲(25)、舘ひろし(68)、小泉孝太郎(40)らが出演し、強烈なインパクトで旋風を巻き起こした「ハズキルーペ」のCMをモチーフにしたAVが発売されることが分かった。主演女優は菊川や武井に似ている美女なのか? やはり“夜のお店”でも売り出すのか? 美尻で踏んでも壊れない強度はあるのか? ハズキルーペも笑うしかない、なんともバカバカしくも気になる中身を観賞したら、ビックリするほど――。

 ネット上が9日からざわつき始めた。「マジか?」「本当なら笑える」と噂になっていた“ハズキルーペAV”。だが、サンプル動画は未公開。好奇心旺盛な本紙記者が取材を進めてみたところ、来月8日に「ハルカルーペでおチ●ポだ~いすき(ハート)」というタイトルで、老舗レーベル・宇宙企画からリリースされることがわかった。

 緊急入手したパッケージ画像には、菊川や武井が胸の前でハートマークを作る、CMでおなじみの決めポーズを取る美女が…。そのいでたちも、黒いレザー系衣装に身を包み、独特の形状のメガネをかけている。これはもう、頭のいいアノ女優にしか見えない。

 本家の谷間はここまで見えてないだろ!とも突っ込みたくなるが、見事な再現っぷりは、作品の質が高いと世界的にも評価されている日本のAVならではのもの。まさに“さすがメイドインジャパン”である。美女の横には「チ●コが小さすぎて女をイカセられなーい!」「ハルカルーペでエロの世界は変わる!」というコピー。パッケージの裏面には、その美女がメガネをお尻で下敷きにしようとしている写真もある。ハズキルーペは、勢いよく上からお尻で乗っても壊れないのがウリだが、明らかにアノ場面を思い起こさせる写真だ。

 もちろん気になるのはその内容だが、チェックしてみると――。ヒロインを演じるのは波木はるかという人気女優。名前にちなんだ「ハルカルーペ」という拡大鏡を発売するアダルトグッズ会社のCMに出演しており、その舞台裏を追う…というパロディー感たっぷりのストーリーだ。

 ハルカルーペをかけると“小さすぎる”男性自身が大きく見えるというから、サイズに悩む男性にとっては救世主。メガネをかけた女優は大きくなったように見える男性器に歓喜し、男たちは自信満々に腰を振っている…。何ともハッピーな展開だ。

「この手の作品で定評のある監督が手がけており、渡辺謙と菊川怜バージョンのCMが放送されだした昨春から構想を練っていたようです。最近のAV界は暗い話題が多かったので、久々に飛び出たバカバカしくて笑える話は、ファンならずともうれしいですよ」(AV関係者)

 ネットで話題になっているのも、久々のパロディーAV登場に喜ぶファンが多いからだろう。製作陣がCMの完成度をリスペクトしているためだろうか、中身もなかなか本格的?で、黒革の手帖編を想起させるシーンもある。出演している女優もノリノリで演じており、AV的な興奮ポイントも満載だ。

 1年半ほど前に大ヒットした映画「君の名は。」のパロディーで「君の縄。」という作品があったが、AV界が“反応”するのは“世間で大ブレークしているもの”と相場は決まっている。誰が出演するのか、どんな内容になるのか、本家ハズキルーペの次回作CMにも大いに期待したいところだ。