元NMB山岸奈津美 ミスFLASHファイナリストに「グランプリを取って話題になりたい」

2018年09月03日 20時37分

山岸奈津美

 人気グラドルの鈴木ふみ奈(28)、葉加瀬マイ(31)らを輩出した「ミスFLASH2019」(光文社主催)のファイナリスト発表会が3日、都内で行われ、14人(1人欠席)がお披露目された。

 注目は元NMB48の山岸奈津美(23=T163・B85・W64・H88、大阪出身)、バクステ外神田一丁目の現役メンバー・月元しょうこ(25=T158・B82・W60・H83、東京出身)の2人だ。

 山岸はグループ在籍5年で卒業したが、その間、選抜総選挙では4年間ずっと圏外と不完全燃焼だった。そして現在は所属がフリー。抜けるような白い肌に、長く細い手足、キレのあるダンスに愛くるしいマスクと素材は一級品だが、芸能人としては控えめな性格が災いした。

 しかし、年齢を重ねて舞台を中心に活動するうち、NMB入り前から同じダンススクールに通っていた吉田朱里(22)、卒業を発表した山本彩(25)らのブレークを目の当たりにして尻に火がついた。

「アイドル時代は目立つことが少なかったので、今回こそはグランプリを取って話題になりたい。そして写真集を出してみたい」と、虎視眈々と頂点を狙う。

 独自のメーク術が同性から絶大な支持を受け、モデルとしても大活躍する吉田については「彼女も私もずっとモデルをやりたいと思っていた。冠を取って大活躍し、超えたいですね」とコメント。山本についても「将来は、音楽ユニットで活動したい。(ソロ歌手になる山本の)ライバルになれるよう頑張る。アイドル時代の自分を超えたい!」とやる気をみなぎらせた。

 また、月本は意外に豊満な胸元を大胆に披露しながら「以前からグラビアに興味があった。もえあずさん(大食いアイドルのもえのあずき=30)がブレークしても、所属のグループ名がイマイチ世間に浸透しない現状がある。私はいい意味で堂々とした性格なので、貪欲にテレビのバラエティー番組に出て活躍したい。そして、グループの存在を広めたい」と猛烈にアピールした。

 4日から10月2日まで撮影会やWEB投票などによるファイナルステージが行われ、来年1月にグランプリが発表される。

関連タグ: