“ジャズ界の美魔女”高木里代子がDVD発売 グラビア継続に意欲

2018年05月13日 18時36分

高木里代子

 ジャズピアニスト・高木里代子(33)が13日、東京・秋葉原のソフマップ・アミューズメント館で、初のイメージDVD「Rose Dream」(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを行った。

 ジャズピアニストながら異色のグラビア挑戦となったことを「演奏会などでもセクシーな衣装を着ることがあった。お話を頂いて、挑戦してみようかと思いました」と説明。作品でもジャズピアニストを演じたとあって、実際に演奏するシーンはもちろん、テーマソングを作曲するなど音楽家としてのこだわりもふんだんに盛り込まれている。

 気になるセクシーシーンについては極小の水着姿や、黒の下着姿を披露。大人の魅力を感じさせるものとなっている。

「ポージングとか、なかなかできませんでしたが、勉強になった。今回とは違ったシチュエーションなど、今後もいろいろなことに挑戦してやっていきたい」と次回作にも意欲満々。「ジャズ界の美魔女」としてひそかに注目を集めていたが、今回の発売をきっかけにブレークしそうだ。