• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > グラビア > グラドル緒方咲 デビュー作でM字開脚「恥ずかしかった」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラドル緒方咲 デビュー作でM字開脚「恥ずかしかった」


イベントを行った緒方咲

 グラビアアイドルの緒方咲(23=T168・B85・W58・H82)がこのほど、都内で初めてのイメージDVD「Debut!」(竹書房)の発売記念イベントを行った。

 サロンモデルをしていた緒方は2015年「ミス湘南」でフォトジェニック賞に選出された。その後、撮影会などで水着姿を披露するようになり16年、倉持由香や佐山彩香が所属する事務所にスカウトされ芸能活動を本格的にスタートした。

「DVDを出すことが念願だったので、やっとできた!」と笑顔で語る本作は今年2月にバリで撮影。デビュー作ながら拘束されるシーンに挑戦。「プライベートも含めて初めての体験です。まあ、エロいのは好きなので、悪くなかったですね」と振り返った。それでも、「M字開脚のように座って、下から光を当てられたのは、さすがに恥ずかしかった」と顔を赤らめた。

 尊敬するグラドルを聞かれ「岸明日香さんです。一目ぼれです! どうしたら、あんな天才的な体になるんだろう」。熱く語る緒方に「事務所の先輩じゃなくて、岸さん?」とツッコまれると、慌てて「倉持さんは手の届かない存在です」と持ち上げた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】武田豊樹がドリームレース勝利で生涯獲得賞金15億円突破!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!