• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 薬丸裕英が山口の退職願提出に「メンバーがなんとかしてくれるという甘える気持ちがあったのでは」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬丸裕英が山口の退職願提出に「メンバーがなんとかしてくれるという甘える気持ちがあったのでは」


薬丸裕英

 タレントの薬丸裕英(51)が3日、フジテレビ系「バイキング」に出演。TOKIOの山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分になったことを受けて城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)の4人が2日に行った会見について言及した。

 松岡は先月26日の謝罪会見で、山口が「自分に席がまだあるなら(TOKIOに)帰りたい」と発言したことについて「彼の甘ったれた意見はどこから生まれるもんなんだろうと正直思いました。おそらくあの時の彼は、自分が崖っ縁ではなく、崖の下に落ちていることに気づいていなかったと思います」と指摘。続けて「そういったいろんなことから生まれてくる甘えの根源は、どこから来るのかずっと考えていました。『TOKIOに戻りたい』『俺にはTOKIOがある』、もしそういう気持ちが彼の中に少しでもあり、甘えの根源がTOKIOだったとしたら、あくまで自分の意見ですが、そんなTOKIOは一日も早くなくしたほうがいいと思います」と声を震わせた。さらに「なぜ事情聴取を受けたときに事務所なりメンバーに言ってくれなかったのか」と不信感をあらわにした。

 薬丸は「それぞれが愛情をもってコメントしていると思った。愛情には厳しさという愛情もある」と会見の感想を語った。松岡の発言には「事情聴取されていたのに、なんで言ってくれなかったという思いと、会見で『TOKIOに席があるなら』という発言、辞表の3つが重なって爆発したのだと思う」と、山口のメンバーへの裏切りが原因だとした。

 また、辞表をメンバーに託したことについて「もしかしたら、メンバーが何とかしてくれる、という甘える気持ちが残っているのかなと僕はみてしまう」と指摘した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!