• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 松岡昌宏 山口の甘えに怒り「甘えの根源がTOKIOだったら解散したほうがいい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松岡昌宏 山口の甘えに怒り「甘えの根源がTOKIOだったら解散したほうがいい」


会見するTOKIOの(左)から長瀬、国分、城島、松岡

 人気アイドルグループ「TOKIO」の城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、山口達也(46)が強制わいせつ罪で書類送検された件について、都内で記者会見を行った。

 冒頭でそれぞれが事件についての思いを語る中、松岡は「今回の山口の事件で、被害を受けた方、そのご家族、今までTOKIOを支えて下さった関係者、ずっと応援してくださったファンの方々、本当に今、申し訳なく情けない気持ちでいっぱいです」と謝罪。

 山口が謝罪会見で「自分に席がまだあるなら(TOKIOに)帰りたい」と発言したことについては「彼の甘ったれた意見はどこから生まれるもんなんだろうと正直思いました。恐らくあの時の彼は、自分が崖っ縁ではなく、崖の下に落ちていることに気づいていなかったと思います」と指摘した。

 続けて「そういったいろんなことから生まれてくる甘えの根源は、どこから来るのかずっと考えていました。『TOKIOに戻りたい』『俺にはTOKIOがある』、もしそういう気持ちが彼の中に少しでもあり、甘えの根源がTOKIOだったとしたら、あくまで自分の意見ですが、そんなTOKIOは一日も早くなくしたほうがいいと思います」と声を震わせた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!