• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 坂口杏里ストリップ進出 東京・浅草ロック座で6月デビュー

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂口杏里ストリップ進出 東京・浅草ロック座で6月デビュー


新たなステージに立つことになった坂口杏里

 消息が途絶えていたタレント・坂口杏里(セクシー女優・ANRI=27)が、ストリップ劇場最大手の東京・浅草ロック座でストリップデビューを飾ることが明らかになった。近年の坂口はセクシー女優として活動をしていたが、昨年9月に芸能界から引退。その後の動向が不明だった中、再びアダルト界に“降臨”する格好だ。お騒がせ2世タレントは、このまま“ストリッパー・坂口杏里”に転身するのか――。

 名優だった故坂口良子さん(2013年死去)を母に持つ2世タレントが、今度はステージで脱ぐことになった。

 1947年に創立されたストリップの殿堂・浅草ロック座は、坂口がアダルト女優時代と同じ「ANRI」名で6月16~30日の公演に出演することを発表。ロック座関係者は本紙に「3月上旬に坂口さんが関係者と公演を見に来て『やります』と申し出た」と説明した。

 天真らんまんな坂口は激情家の一面も持ち合わせているが、ストリップ挑戦を申し出た時には落ち着いていたという。

「5月から、まずはダンスの基礎レッスンから始める」(前出関係者)

 まさに波瀾万丈の人生を歩んでいる。かつてはおバカタレントで人気だったが、2016年3月に当時の所属事務所とのマネジメント契約を終了。半年の潜伏期間を経て同10月に「ANRI」を名乗ってセクシー女優に転身し、鮮烈なデビューを飾った。

 しかも、その作品のタイトルは「芸能人ANRI What a day!!」で、元カレの「バイきんぐ」小峠英二(41)のギャグ「なんて日だ!」をパロったものだった。アダルト挑戦の経緯は、ホスト通いで散財して金欠に陥ったなどと報じられた。

 しかし、昨年4月、ホストから3万円を脅し取ろうとして恐喝未遂容疑で逮捕される。釈放された後は、東京・六本木の高級キャバクラ店に勤務していると8月に伝えられた。

 かと思えば、翌9月にインスタグラムで「実は、私ANRI芸能界引退しました」と表舞台から退いたことを突如表明した。

「色々ありましたが普通の女の子に戻りたくて決めた答えです」「もうやりきりました。未練はありません」などと記した。そのうえで「私は今、キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」(すべて原文ママ)とつづっていた。その後の動向は不明だった。

 タレント→セクシー女優→キャバクラ嬢と実にピンク色の濃い華麗な“職歴”。

 芸能界引退を挟んだ上で今度はストリップ嬢に挑戦するのか。前出のロック座関係者によると、今回はロック座のストリップ嬢の一員に正式加入するのではなく「単発のゲスト出演の形」を取るという。

 7月以降の出演については「ご本人の意向次第」(同)。“ストリッパー・坂口杏里”で稼働するかは6月公演の手応えなどを見て判断する。

 とはいえ、アダルト時代はデビュー作の1本限りで「や~めた!」ではなく、計8本をリリースしただけに、今回も出演し続けてストリップ嬢に転身する可能性はある。こういった活動遍歴は、あの小向美奈子(32)のそれをほうふつとさせる。

 ちなみにロック座の発表では、スリーサイズはT168・B80・W59・H88で、これはアダルトデビュー時と変わらない。ぽっちゃりすることなく極上のスレンダーボディーを維持してステージで舞い、踊れるか――。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!