• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「AAA」西島隆弘ソロ初東京ドーム Nissy誕生大成功も涙のワケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「AAA」西島隆弘ソロ初東京ドーム Nissy誕生大成功も涙のワケ


ソロ初の東京ドーム公演に涙したNissy

 6人組ユニット「AAA」の西島隆弘(31)が26日、ソロ名義「Nissy」として初めて東京ドーム公演を行った。

 これまでAAAとしては2016年、17年と2年連続でドーム公演を行ったが、ソロとしては初めて。25日、26日の2日にわたって東京ドームのステージに立った。演出や衣装はNissyのプロデュースで、歌やダンスだけではなく、映像などをフルに使った公演となった。

 この日が2月から始まった8都市16公演のソロツアーの最終公演とあって、Nissyは「来たぜ、ドーム! 改めて言う。みんなのおかげだぜ~! でもラストです。私も嫌です」とファンに感謝した。その気持ちを伝えるかのようにソロデビュー曲「どうしようか?」や「まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL」「DANCE DANCE DANCE」などを熱唱した。ファンのリクエストに応える形で、久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」も歌唱した。さらに新曲「トリコ」も初披露した。

 ステージ関係者は「Nissyは公演の“プロデューサー”として、少しでもお客さんが楽しんでもらえるように細部の細部までこだわっていた。映像はもちろん衣装、ステージ上の噴水が吹き上がる高さまでこだわり抜いた」。その充実感があったのだろう。Nissyは「私の今の脳みその限界がこの作品です」と胸を張った。

 Nissyは「今日という日に僕という存在を選んで、チケットを買ってここに来てくださったこと、本当にありがとうございます。僕のエンターテインメントを選んでくれて、本当に嬉しく思います。もうちょっとやりたかったけどね」と観客に頭を下げ、感極まり大号泣した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕! new
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!