• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > デーブ・スペクター氏 福島瑞穂氏らのセクハラ抗議に「何もかもMe Tooじゃない」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デーブ・スペクター氏 福島瑞穂氏らのセクハラ抗議に「何もかもMe Tooじゃない」


デーブ・スペクター氏

 テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏(年齢非公表)が24日、都内の渋谷109で行われた「LIVE JAPAN Awards 2018」表彰式に出席した。

 デーブ氏は「渋谷はNHKがあるので、受信料を払いによく来る。僕が来日した時には、まだハチ公が生きていたけどね。映画のブレードランナーなど、未来都市といえば渋谷。ジャンボテレビやスクランブル交差点は日本にしかなかった。流行の発信地ということで世界的に有名になった。レオナルド・ディカプリオなど、ハリウッドのセレブもお忍びで日本に来る。昔はあまり観光客が来なくて、未開発だった。今は皆、猫カフェなどに動画を見てくる。いい時代です」とまくしたてた。

 ところでデーブ氏といえば最近、世間を揺るがしている財務省・福田淳一前事務次官のテレビ朝日女性記者に対するセクハラ問題について、舌鋒鋭くコメントしている。

 この日、デーブ氏はまず「ICレコーダーで録音させていただきます」と前置きし「言ったか、言っていないかの時代なので、まずい時には録音するほうがいい。過剰に編集しないで、本当に裏付けを全部出さないとダメだと思う。今回は両方とも学ぶことが多かったと思う。メディアの対応の仕方など、危機管理をもう少し考えないといけない。いろんな意味で、もう少し落ち着いて対応したほうがいい」と、双方に冷静な対応を呼びかけた。

 そして「海外は何をやるにも名乗るのが基本。ハリウッドのパワハラについても、当時言わなかったことを後悔・反省している人が多い。そして、いざ告発するならば、覚悟の上で名前を出す。出さないと一方的になってしまう」と、被害者側が名乗りを上げるのが国際基準だとした。

 また、社民党の福島瑞穂副党首ら野党議員が「#Me Too」のプラカードを掲げてセクハラに抗議の意志を示していることについては「Me Tooはいい運動だが、何もかもMe Tooじゃない」と批判的な見方を示した。

「世の中には誰にも相談できずに、つらくて引きこもってしまうようなことをされた人も多くいる。それを、ひどいことを聞かされちゃったというのと全く同じレベルに並べていいのかには、大きな疑問がある。決して問題を軽視しているわけじゃなくて、同じMe Tooでも中身が違うのではないかということ。きちんと一つずつの事件を客観的に見たほうがいい。何もかも同じレベルで評するのは違う」。デーブ氏はそう持論を述べた。

 なお、デーブが選ぶゲスト特別賞は「伊勢半本店紅ミュージアム」に贈られた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!