• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 嵐・相葉“テレ朝「甲子園の顔」”に異議 ジャニーズファンからもブーイング

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嵐・相葉“テレ朝「甲子園の顔」”に異議 ジャニーズファンからもブーイング


ジャニーズ事務所

 ジャニーズの新たな野球キャラに異議噴出!? 人気グループ・嵐の相葉雅紀(35)が、テレビ朝日系で中継される夏の高校野球関連番組のスペシャルナビゲーターに就任すると発表された。人気者が新たな分野へチャレンジするという本来ならおめでたい出来事に、味方のはずのジャニーズファンから「ゴリ押し」などとブーイングが巻き起こっているから驚きだ。いったいなぜこんな事態になっているのか――。

 相葉は、今年で100回目を迎える夏の甲子園大会で、テレビ朝日系で放送する試合の中継や、大会期間中のダイジェスト番組「熱闘甲子園」などに出演する予定だ。

 もともとNHKではスポーツ番組「グッと!スポーツ」の司会を務める相葉だが、今回の起用で野球色が濃くなったことは間違いない。

 ある制作会社関係者は「テレ朝は東山紀之を情報番組(『サンデーLIVE!!』)の司会に起用したように、ここ数年はジャニーズとの距離を近くしたいと考えている。今回の起用もその一環と言われていますし、ジャニーズも、2020年の東京五輪を見据えています。その際に嵐を中心にしたいとの思惑もあるでしょう。しかもそのときには野球が正式種目となりますからね。この起用で、相葉は野球もできるという印象を植え付けられる。双方の思惑が一致した結果でしょうね」。

 とはいえジャニーズタレントの“野球キャラ”といえば元SMAPの中居正広に、KAT―TUNの亀梨和也という二枚看板がいる。この2人は取材ひとつとっても、プロ野球選手から認められているほどの存在だ。そんな双璧の間に新キャラの相葉が割って入る形。プロと高校野球の違いはあれど、同じ分野であることは確かだ。

 ある芸能関係者は「ジャニーズファンの中でも『また嵐?』『ゴリ押しすぎないか』といった声が渦巻いてますね。中居も亀梨も他局の色が強いので、テレ朝系では起用しづらかったという事情はあるでしょうが、また嵐というところにも抵抗感が強いようです」。

 いまや嵐は日本一ファンの多いグループと言ってもいいだろう。ファンの数が多ければ、アンチの数も多い――まさにこれが人気グループの証しと言えそうだが、実はそれだけではない。

 前出の関係者は「ネットでは『今年はNHKしか見ない』といった過激な書き込みも見受けられます。ブーイングの発信元の中には、ジャニーズファンではなく、明らかに野球ファンと思われるものも少なくない。中居と亀梨は野球ファンからも一目置かれた存在になっています。でも、それほど実績もないのに、いきなり相葉が就任したことに野球ファンは首をかしげているようですね」と話している。

 相葉は会見で「実は、野球少年でした。お忍びで甲子園にも見に行っていた」などと話しているが、突然そんなことを言い出しても、野球ファンは納得していないといったところか。

 かつて中居がWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)公認サポーターに就任した際には、生中継でのあまりのはしゃぎっぷりに「うるさい」と大バッシングを食らったことがあった。相葉が試合の中継で目立ちすぎることはないだろうが、熱烈なファンが多いのも高校野球の特徴。

 スペシャルナビゲーターとしての役目をソツなくこなし、ジャニーズの新たな“野球キャラ”として認められるか、注目だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!