• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > キャプテン翼の高橋陽一氏 ロシアW杯へ「監督が代わったことがどっちに出るか」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャプテン翼の高橋陽一氏 ロシアW杯へ「監督が代わったことがどっちに出るか」


高橋陽一氏

 元サッカー日本代表で日本障がい者サッカー連盟会長の北沢豪氏(49)、「キャプテン翼」で世界的に有名な漫画家の高橋陽一氏(57)らが17日、都内で行われたアートコンテスト「SOMPOパラリンアートカップ2018」(一般社団法人・障がい者自立推進機構主催)の開催発表会に出席した。

 今年はロシアでサッカーW杯が行われる。船出したばかりの西野ジャパンについて、高橋氏は「日本はW杯に連続して出場できているが、一番の壁は決勝トーナメントに行けるかどうか。監督が代わったことがどっちに出るか。行ければ交代してよかったということになるだろうし、行けなければ交代が遅すぎたということになる」と語った。

 北沢氏は同コンテストについて「障害を理由に殻に閉じこもらずに、チャレンジ精神を持ってどんどん応募してほしい。意外な自分の才能に気づくかもしれないし、その発想力に刺激を受ける。コンテストを通して、共生社会の実現を目指す」と抱負を述べた。

 また、来年には日本でラグビーW杯が行われる。ラグビー漫画「マドンナ」で知られるくじらいいく子氏(60)は、3年前にイングランドで行われたW杯で日本が強豪の南アフリカを破ったことに触れ「まさか、私が生きている間に南アを破るとは。日本でW杯が実現するとも思わなかった。今度はもっと驚きたい。ベスト4を期待している」と語り「サッカーやラグビーだけでなく、テニスやフィギュアなど女性の好きなスポーツにも着目し、幅広い作品を期待している」と呼びかけた。

 イベントには絵本作家の宮西達也氏(61)、書家の金澤翔子氏(32)、平昌パラリンピック男子クロスカントリースキー金メダリストの新田佳浩選手(37)、ブラインドサッカー日本代表の寺西一(27)、南海キャンティーズのしずちゃん(39)、ラグビートップリーグ「キヤノンイーグルス」の三友良平(31)、設楽哲也(31)、バスケット3×3日本代表の落合知也(30)も出席。コンテストの応募は5月1日から9月14日までで、11月13日に結果発表と表彰式が行われる。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!