• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 死後32年 岡田有希子さんがアトリエで“復活”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死後32年 岡田有希子さんがアトリエで“復活”


岡田有希子さんをモチーフにした個展を開催している弓指氏

 日本の現代美術界の最先端をいく「ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校」(東京都品川区)第1期の最優秀作家であり、第21回(2018年発表)TARO賞の次席となる敏子賞を受賞した画家、弓指寛治(ゆみさし・かんじ)氏(32)の個展「四月の人魚」が品川区東五反田にある「ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエ」で行われている。29日まで。

 アトリエの奥に設けられたスペースには、複数の大きな絵画が展示されているが、そのモチーフとなっているのは、人気絶頂だった1986年4月8日に都内で飛び降り自殺したアイドルの岡田有希子さんだ。

「絵のモチーフとなっているのは岡田有希子さんです。(イニシャルで示した)Oというのは、彼女のことになります。彼女を通して、死と向かい合いました。きっかけは2015年の私の母の自殺です。母が亡くなってから、いろいろな本を読んでいるうちに彼女のことを知りました。その後、彼女を描こうと思って、愛知県にあるお墓にも行きました。彼女について書かれている本も熟読しました。昨年は彼女の命日に自殺をした場所に行きました」

 弓指氏は86年生まれのため、岡田さんが亡くなったときの記憶はないという。それでも、徹底的に調べ、岡田さんの人生を追体験した。

「彼女はファーストビデオの撮影で行ったスイスの山々に思いをはせてポエムを書いていました。そのポエムが刻まれた石碑がお墓にあります。『スイスの山々』というタイトルをつけた絵の中には彼女がいます」

 岡田さんも画家になることを夢見て、たくさんの絵を描いていた。

「アルプスの少女ハイジの世界を描いているものもあります。これらの絵の中に描かれているものを自分の絵の中に取り入れています。後追いすることによって親近感が生まれてきます。人というのは、死んで終わりじゃないなと思いました。死というものは、岡田さん(という存在)を超えて変えられると思いました」

「四月の人魚」展には、岡田さんを知る世代の女性も数多く足を運んでいる。死後32年という年月を経て、「輝いていたあの時代」を思い浮かべ、「ここに“復活”した岡田有希子」に思いをはせている人が多いという。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!