• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 安田成美 アンティーク・レースにぞっこん「本当に鳥肌もの」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安田成美 アンティーク・レースにぞっこん「本当に鳥肌もの」


トークショーに出席した安田成美

 お笑いコンビ「とんねるず」木梨憲武(56)の妻で女優の安田成美(51)が16日、横浜そごう美術館で開催中の「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」(5月13日まで)に駆けつけ、トークショーを行った。

 ベルギー出身で日本を拠点に活動する世界的アンティーク・レース鑑定家のダイアン氏が、企画から5年をかけて開催にこぎつけた展覧会。16世紀から19世紀にかけて、王侯貴族の権力の象徴だった貴重な手編みレース170点を見ることができる。

 安田はベルギーを訪れた際にアンティーク・レースの魅力にハマった。「何百年も前に、この細かくフワッとしたレースが人の手で作られたかと思うと感激する。1センチ四方を一日かけて編む。そこに注ぐエネルギーに感動した。本当に鳥肌もの。これは皆で見なきゃダメ。この感動を味わってほしい」と呼びかけた。

 実は、自宅の窓にアンティーク・レースを飾っており「しまっておくのはもったいない。だから、申し訳ないが、リメークしつつ、いつも見える場所に飾って生活の一部にしている」という。

 夫の木梨は芸人、俳優のほかに芸術家として個展を開くなど幅広く活動している。安田はレースでコースターや花瓶敷き、こたつがけ布団のカバーなどを編んでいるが「私は趣味の範囲」と苦笑した。

「憲武さんを見ているといいなとは思う。でも、私が使っているのは、このアンティーク・レースの100倍くらいの太さの糸。ヨーロッパでおばあさんが編んでいるのを見ると、すごい技術でびっくりした。もっと勉強しないといけない。上手になったら気持ちが変わるかな。おばあちゃんになるころに個展ができたらいいな」

 将来的には夫婦で芸術家として活動する可能性もありそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!