• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > マッチ「関ジャニ渋谷すばる独立」を3年前に予言

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マッチ「関ジャニ渋谷すばる独立」を3年前に予言


脱退、退所について語る渋谷

 人気グループ・関ジャニ∞が15日、都内で会見を行い、メンバーの渋谷すばる(36)が今年の大みそかをもって本紙既報通りジャニーズ事務所を退所することを発表。関ジャニ∞も脱退して、音楽を学ぶために海外留学することを明らかにした。グループからの脱退時期は不明だが、渋谷は7月15日の札幌ドームから始まる5大ドームツアーには参加せず、5月30日に発売予定のベストアルバム「GR8EST」が7人体制の関ジャニ∞として最後のCDリリースとなる。

 渋谷は今回の決断に至った理由について、「人生残り半分と考えたときに、この先は今までの環境ではなく、自分自身の責任下で今後の人生を全うするべく、海外で音楽を学び、深く追求していきたいと思いました」と説明した。

 一昨年9月に35歳の誕生日を迎えたあたりからグループ脱退とジャニーズ事務所からの退所を考え始め、今年1月には意思が固まったといい、2月15日にジャニーズを辞める意思を報告。その後、メンバー全員が参加しての話し合いが2度、そのほかにメンバー個々と個人的な話し合いも行われたが、「自分の意思が変わることはなかった」と、断固たる気持ちで今回の決断を下したという。

 今年は5月30日にベストアルバム「GR8EST」の発売のほか、7月15日からは15周年イベントの幕開けとなる5大ドームツアーが控えている。なぜ、その後でないのかという疑問が残るが、渋谷は「意思が固まった以上は早く伝えないと、ご迷惑が大きくなるだけだと思った」と明かした。これまで一緒に活動してきたメンバーや応援してきたファンに対しては「自分勝手な決断で申し訳ありません」と、謝罪の言葉を口にした。

 ジャニーズ事務所によれば、「GR8EST」が7人体制最後のCDリリースになるといい、渋谷の決断を受けてメンバー6人が話し合った結果、渋谷は5大ドームツアーに参加しないことも決まったという。

 突然の発表に誰もが驚いたが、ジャニーズの大先輩・近藤真彦(53)は、2015年7月にテレビ番組で関ジャニ∞と共演した際、渋谷について「たぶん、独立するんじゃないかな」と“予言”していた。さらに近藤は「(独立を)考えてるってこと言ってたから、この前」と暴露。すでに渋谷には今回の決断が頭に浮かんでいたのかもしれない。

 とはいえ、これだけ成功しているグループでメインボーカルを務めているにもかかわらず、グループを脱退するばかりか、所属事務所まで退所して音楽の勉強をするという渋谷に、誰もが“関ジャニ∞に所属したままではできないのか?”という疑問を抱いているのは事実。渋谷は「できるできないは、まあ、そうですね、できなくはないとは思いますけども…」と、どことなく歯切れの悪い回答。一方、グループのバラエティー志向がイヤだったという情報については「責任もって否定させていただきます」と笑いながら完全否定した。

 留学の時期は「自分の活動の最後がどこになるのかが分からない」ため未定だといい、留学先も英語圏を希望しているが「これから具体的に探していきたい」と全く白紙の状態だという。

 ジャニーズ事務所に15歳で入ってから21年、これまでを振り返り「ジャニーズで、関ジャニで活動させていただけたんだというのが一生の誇り」と語った渋谷。大きな箱舟を抜け出して1人大海へこぎ出すことになるが、果たしてどんな運命が待ち受けているのだろうか? 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!