• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 嵐・二宮和也に結婚への障壁 お相手・伊藤アナの同性ウケ心配


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嵐・二宮和也に結婚への障壁 お相手・伊藤アナの同性ウケ心配


嵐・二宮とのドライブデート現場をキャッチされた伊藤綾子

 人気アイドルグループ「嵐」の二宮和也(34)とフリーアナウンサー・伊藤綾子(37)のデート写真が12日発売の「女性セブン」で報じられた。2年前に報道で交際が発覚した2人。当時は「早々に別れさせられるのでは?」と言われていたが、着実に愛を育んでいたことがうかがえる。伊藤アナは3月末に所属事務所を辞めるなど、結婚への環境を整えていると伝えられている。二宮が所属するジャニーズ事務所もこのところ、所属タレントの結婚に寛大になったように見えるが、この2人の場合は、そう簡単にはいかないようだ。その理由は――。

「女性セブン」は羽田空港で、伊藤が運転する車の後部座席に乗り込む二宮をキャッチ。車は二宮の愛車で、そのまま二宮の住む都内の高層マンションに帰宅したと報じている。

 2人の交際が最初に報じられたのは2016年7月のこと。ある制作会社関係者は「当時、伊藤はブログで二宮の趣味であるゲームにハマっているとか、二宮の部屋で撮った写真を掲載したのではないかと、これ見よがしに交際アピールをしたとして、二宮のファンから大バッシングを受けていた」と明かす。

 伊藤は翌年の春、メインキャスターを務めていた日本テレビ系「news every.」を降板させられた。

「日テレ局内でもジャニーズに顔向けできないだろうということで、これ以上続けさせられないと判断したそうだ。日テレ以外のテレビ局も、二宮との交際相手とあっては起用できないと判断した」(同)

 この証言通り伊藤は、このころからテレビでの仕事はほとんどなくなった。今年3月末には所属事務所を辞めるに至っている。

 この間、「2人は破局した」という情報も流れていたが、あるテレビ局関係者は「交際は続いていました。伊藤もあれだけ“炎上”していたのですが、平然としていたそうですし、別れるなんて話すらなかったんじゃないかな」と言う。

 もともとインドア派で、異常なまでに警戒心が強いといわれていた二宮が今回、2人一緒のところをキャッチされたことについては「伊藤が事務所を辞めたことで、いわば“一般人”になった。マンションの中ではなく、外で平気で会うということは、ジャニーズに対して結婚願望をアピールしたのではないか」と同関係者は見る。

 以前は所属タレントの結婚をなかなか認めないといわれたジャニーズだが、最近はV6の岡田准一(相手は宮崎あおい)、森田剛(同・宮沢りえ)と立て続けに結婚を認めている。

「数年前に、社長のジャニー(喜多川)さんが『適齢期になれば』という話をしてから、所属タレントの結婚に対する考えは変わってきています。今回の報道でも、二宮の交際を認めこそしませんが、否定はしないようです」(芸能プロ幹部)

 ただ、このまますんなり結婚できるかというと、そこには高いハードルがあるようだ。

「相手にちょっと難アリですかね。伊藤は同性ウケが決して良い方ではない。二宮にとってはファンを減らすということで、マイナスにしかならない。同じ嵐でも、櫻井翔とテレビ朝日の小川彩佳アナとの交際が発覚した時は、『相手としても悪くないんじゃないの!?』というムードがあったが、今回は出ている空気感がまったく違いますね」(前出幹部)

 また所属タレントの結婚が続いていることで、ジャニーズ内部で不満の声が出ているのも確か。

 芸能関係者は「岡田の結婚が発表された時、TOKIOの城島茂が『岡田が結婚できて、なんでオレができないんだ』と不満を漏らしたとも伝えられています。他にも、年齢はそこそこ高くて交際相手もいるのに結婚を認めてもらえないジャニーズのタレントはいっぱいいますからね。彼らの結婚が認められる前に“二宮だけOK”ってことはまず厳しいかな」。

 4月からは主演ドラマ、夏には映画と出演作品が続く二宮。仕事も立て込んでいるだけに、伊藤とめでたくゴールインできるかどうかは微妙な状況にあるようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!