• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > チリの15センチミイラは人間だった! 全ゲノム解析結果にUFO研究家は…

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チリの15センチミイラは人間だった! 全ゲノム解析結果にUFO研究家は…


 本紙が2013年5月に報じた体長15センチほどの人型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」は、エイリアンでも古代の亜人類でも妖精でもなく、骨に疾患のある人間だった。米スタンフォード大学などの研究チームが22日、米科学誌「ゲノム・リサーチ」に発表した。

 2003年にチリのアタカマ砂漠で発見された体長15センチのミイラは、13年からスタンフォード大とカリフォルニア大の医学チームが分析に当たっていた。世界一乾燥しているアタカマ砂漠には、古代エジプト文明より古い紀元前5000年のミイラや地上絵が発掘されているため、この小型ミイラの正体に注目が集まっていた。

 13年時の初期の分析によると、年齢は6歳から8歳で、DNAは人間と97%一致していたといい、また肋骨が10組(人間は12組)しかなく、頭部は円すい形であり、人間には近いが、人間ではないという仮の結論が出ていた。それから5年、「アタ」と名づけられたミイラについての詳細なDNAの解析結果が出た。

 スタンフォード大のギャリー・ノーラン教授が肋骨の骨髄からDNAを抽出し、人間と霊長類のDNAと比較し、全ゲノムの解析を行った。

「アタは女性で、ネーティブアメリカンとヨーロッパ人の混血であるチリ人の乳児。遺伝的変異に苦しみ、死産つまり胎児の可能性が高いが、生まれて間もなく亡くなった可能性もある。死後40年ほどしか経過していない」としている。

 乳児なのに成人のような頭身に見えること、そして推定が6~8歳とされたことについて「顔面の奇形、小人症、骨の老化が進む障害など7つの遺伝子変化による骨の変形が生じていた」(同教授)。

 当初からアタカマ・ヒューマノイドに関心を持ち続けているUFO研究家の竹本良氏は「なぜDNAゲノム分析ですぐに答えが出ないのか不思議でした。人か宇宙人かくらいかはすぐに分かるだろうと思うのだが…。今回の発表もまた宇宙人解剖フィルムと同じで、残念ながら否定的結果になったが、この分析結果は本当だろうか? むしろ政治的にゆがめられた結果なのではなかろうか。もうしばらく今後の展開を見守りたいところだ」と今回の発表に懐疑的だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!