• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 貴親方長男・花田優一「コイツ発言」の代償

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貴親方長男・花田優一「コイツ発言」の代償


最近、テレビ出演が減った花田優一

 どうりで最近、見なくなった!? 貴乃花親方(45)の弟子の十両貴公俊(たかよしとし=20)が起こした暴行事件で、またまた角界が大騒ぎだ。弟子のまさかの不祥事には、親方も頭を抱えるしかないだろうが、親が窮地なら子も窮地に陥っていたようだ。息子で靴職人兼タレントの花田優一(22)が、一時の勢いはどこへやら、とんとテレビで見られなくなった。ひょっとして、父親の一連の騒動が関係しているのか。追跡すると「あの父親になぜこの息子?」という意外な裏事情が――。

 貴乃花親方の長男として知られる花田は昨年、靴職人としてテレビ番組に出演したことをきっかけに露出を増やし、本格的なタレント活動を始めた。10月には自身がパーソナリティーを務めているTBSラジオ「花田優一 First Step」で「実は結婚したんです」と報告。相手は陣幕親方(57=元幕内富士乃真)の娘で、「父親と一門の違う部屋の親方の娘と結婚!」と話題になった。

 その妻とのなれ初めを話したのが、先月放送された日本テレビ系の「おしゃれイズム」だ。だが、その番組内で、花田の発言や態度に「何様のつもりだ!」「勘違いするな!」と非難の嵐が吹き荒れているという。

 ある広告代理店関係者は「そのなかでも、妻との出会いについて語った際、花田が『“コイツ”かなって思った。(中略)その時に“コイツ”嫁かなって思ったんです』と、女性を侮蔑するような発言をしたんです。妻を“コイツ呼ばわり”する男尊女卑的な発言に対し、世の女性たちは、花田に本気で怒り心頭のようです」。

 女性から猛バッシングにさらされた花田は、テレビから早くも姿を消すのではないかとささやかれている。

「『おしゃれイズム』が、花田を起用することは二度とないでしょう。なぜなら同番組は、資生堂が長年スポンサーを務めています。ここまで多くの女性たちから反感を買った花田では、女性が顧客の一流化粧品会社がクライアントになっている番組が使うとは考えられない。自分では気づいていないかもしれませんが“コイツ発言”は、失言では済まされない。それほどの大失態をしでかしたことになりますね」とテレビ制作会社スタッフは解説する。

 不況にあえぐ昨今のテレビ局は、大手クライアントに異常とみられるほど配慮している。すでに花田が女性侮蔑発言をし、ネットが大炎上している話は、全テレビ局の編成マンも知るところになっている。

「どの民放バラエティー番組も、花田を起用することで、女性がターゲットの化粧品会社やアパレル会社、そして主婦がターゲットの食品関連会社などから怒りを買いたくないですからね。もし花田を起用し、番組クライアント企業が若い女性や主婦たちから不買運動などでも起こされたら、スポンサーから降りられてしまう恐れもあります。このため今後、花田を起用したいという番組は一気に激減するのではないでしょうか」(大手芸能プロ幹部)

 花田の父親、貴乃花親方は日本相撲協会の理事候補選で落選し、そのうえ弟子の暴行事件でさらなる窮地に立たされているが、息子の花田もテレビ業界から締め出される可能性が高そうだ。

「花田は昨年3月放送の『another sky』(日テレ系)に出演した際も、高校生と中学生の妹に“口と口で”キスをした過去を明かすなど周囲を仰天させました。“毒舌KYキャラ”としても注目を浴びましたが、今回の“コイツ発言”で、花田本人がキャラクター作りではなく本当に“KY”であることが世に知られてしまいました。たとえ貴乃花親方の息子であろうと、この先自分の“KY”ぶりを改めない限り、このまま消えてしまうのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 貴乃花親方が大事にしている“品格”が花田に求められているとは、なんとも皮肉な話だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!