• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 結婚・宮沢りえ&V6森田剛の「夫婦共演」あるか 実現ならジャニーズ内の格もあがる!?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚・宮沢りえ&V6森田剛の「夫婦共演」あるか 実現ならジャニーズ内の格もあがる!?


宮沢りえ

 ジャニーズ事務所のアイドルグループ・V6の森田剛(39)と女優・宮沢りえ(44)が、大安の16日に結婚した。週刊誌で堂々としたデート現場も報じられ、結婚秒読みと言われていた2人。最近、ささやかれた妊娠説は否定したが、ゴールインしたことで、特に森田側にはジャニーズ事務所内での格が上がる“下克上”の可能性が出てきているという。

 この日、2人はジャニーズ事務所を通じて結婚を連名で正式に発表した。「これからは家族としてお互いを支え合い、刺激し合いながら、豊かに、大切に時を重ねていきたいと思います。そして、表現者として志高く歩んでいきたいと思っております」とした。

 宮沢は1992年に貴花田(現・貴乃花親方)と婚約を発表したが、2か月後の翌年1月に解消。2009年4月に実業家の男性と結婚し女児をもうけ、16年3月に離婚成立を発表した。

 一方の森田は過去に上戸彩と約8年間の交際期間を経て破局したことでも知られる。

 宮沢と森田は2016年8月に上演された舞台「ビニールの城」で初共演し、同年10月には週刊誌で交際が報じられた。その後も沖縄旅行やゴルフデートを楽しむ様子などがキャッチされ、順調に愛を育んできた。宮沢の所属事務所は最近ささやかれていた妊娠説は否定した。

 過去にも派手な恋愛遍歴で世間を騒がせてきたた2人。ヤンチャなイメージのある森田に“姉さん女房”りえという組み合わせは意外にも見えるが、映画関係者の間ではそうでもない。

「役者という部分が2人をつないでいる。芝居にかける情熱や考え方など、お互い、大事にしているものが一緒なので、実はお似合いのカップルなのでは」

 りえの女優としての評価は高い。昨年の東スポ映画大賞で主演女優賞に輝いた映画「湯を沸かすほどの熱い愛」では、女優としての存在感をより一層高めた。同賞の授賞式ではビートたけし審査委員長(本紙客員編集長)が「見事に女優として輝いている。もう、アイドル時代のことを知らない人も増えてきているんじゃないのかな。やっぱりカメラの前で磨かれている人は違う。しっかりと舞台をやっていることが財産になっている。これが頂点じゃなくて、まだまだ先を目指してほしい」と絶賛したほどだ。

 一方の森田もアイドルグループのメンバーとしてより、役者として映画界で一目置かれている。

「特に狂気的な芝居をさせるとグンと輝く」(前出映画関係者)

 冒頭の2人の“結婚宣言”では「表現者として志高く歩んでいきたいと思っております」とあえて「表現者」の言葉を入れたのも「2人の強い意志を感じる」(同)。

 さらに、りえと結婚した森田のジャニーズ内での“下克上”もあり得るというから興味深い。

「役者としての評価が高まっている森田ですが、ジャニーズ内での優先順位はまだ低い。同じ『V6』では岡田准一の方が格上。主演映画の公開時期を決める際にジャニーズ内では“調整”があるんですが、森田主演で2016年に公開された映画『ヒメアノ~ル』は他のジャニーズタレントの映画に“横入り”され、どんどん公開時期が先送りされたという過去もある」(別の映画関係者)

 だが、りえとの結婚で役者としての価値もアップしそうだ。

「りえと森田の“夫婦共演”映画なんていろんなプロデューサーが狙っていますよ。よっぽど企画がおもしろくて、2人がのらないとだめでしょうが、実現すれば、話題になることは間違いない。それを見据えて森田へのオファーは今後は増えるでしょう」と別の映画関係者は指摘する。

 結婚を前に、宮沢は今年2月、娘(8)とファミリー向けの高級マンションに引っ越していた。

「そこには森田も住み始め、娘さんも森田に懐いているどころか、りえと同じくらいゾッコンみたい」(芸能プロ関係者)

 いいことずくめの結婚となりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!