• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 中学球児“お触り騒動”稲村亜美「始球式続投」で次回登板に注目

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学球児“お触り騒動”稲村亜美「始球式続投」で次回登板に注目


稲村亜美

 中学生球児による“お触り騒動”に見舞われたタレントの稲村亜美(22)が13日、所属事務所の公式サイト上で声明を出し“ノータッチ”だったと説明した。

 騒動について稲村は「事実と異なる情報も飛び交っており、困惑もしております」とし、真相は「選手たちが私のもとに駆け寄り握手を求めて来たところに、参加選手の大半が流れ込んだ事は事実で、私もバランスを崩してしまいましたが、私自身に怪我はなく押しつぶされたような事もありません」と報告。「ましてネットで一人歩きして書かれてるいような事(痴漢行為)は、ありませんでした」(原文ママ)と主張し、お触りを否定した。

 稲村は10日、神宮球場で行われた日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟主催の関東連盟春季大会で始球式に登場。大会に出場する202チーム、約4000人の中学生球児にぐるりと囲まれるなか、マウンドから3球投げた後、一部の球児が稲村に殺到した。

 一連の様子がネットに動画で投稿され、拡散。球児による「痴漢だ」などと大騒ぎになった。ただ、稲村側は本紙昨報の通りお触りを否定していた。同連盟の1チームの出身者でもあった稲村は、2015年に放送されたウェブCMで豪快な打撃フォームを披露。“神スイング”のキャッチフレーズがついた。

 これ以降、NPB(日本野球機構)のプロ公式戦の始球式に幾度となく登板し、成人男性並みの100キロ超の直球を投げ込みさらに知名度がアップ。“女性野球タレント”の地位を確立した。

「今後の彼女の活動に影響が出れば、大会を主催した連盟サイドと一部の球児はさらに批判されかねない」と関係者はまゆをひそめたが、稲村は今後もオファーがあればNPBなどの始球式に“続投”する方針という。

“始球式の女王”の騒動後初登板は、スタンドのファンから温かく迎えられそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!